2016年11月4日金曜日



昨日から大阪南港ATCにて開催されている
BUTTON INC.さんが作られた、
こどものための「音」をテーマにした体験型イベント
『ぱぱぱPARTY!』のために音楽を幾つか制作いたしました。
音と映像を駆使した楽しい作品がたくさん展示されています。
開催日は、明日、明後日の土日。
お近くの方、お時間合いましたら是非お越し下さいませ!!!

詳細は以下のページを御覧ください!

2016年9月22日木曜日






10月1日(土)勅使河原一雅(Qubibi)さんの個展のオープニングにてコンサートを開催します。
企画は映像プロジェクションで広く知られる岸本智也さんです。
新潟は新発田にあります100年も続く酒蔵、金升酒造にて
18:00 オープン / 19:30 スタート 定員50名 2,500円1ドリンク付となっています。
コンサートの開催される初日のみ、何台ものプロジェクターを使い、金升酒造自体が勅使河原さんの映像で包み込まれるような、特別なセッティングになるそうです。
岸本さんいわく、他ではなかなか出来ない空間となる
そうで、個人的にもかなり楽しみにしております。
ご都合が付きましたら是非ともいらしてください!
また新発田近隣にお知り合いの方がもしいらしたら
お声がけ頂ければ大変ありがたいです。
みなさまのお越しをお待ちしております。
詳細は下記FBページにて。


2016年7月19日火曜日





今月から、愛媛県今治市大三島・伊東豊雄建築ミュージアムでの
新たな展示『日本一美しい島・大三島をつくろうプロジェクト2016』が始まりました。

一昨年、去年から引き続き、今年も館内で放映されている映像の音楽を担当しています。

今回もまた、古川きくみさん、田中英行さん他、たくさんの方にお世話になりました。

展示期間は約1年間。

近くに行くことがあれば是非、大三島にお立ち寄りください。本当に素晴らしい場所です。

また、今年10月にはこの大三島にて、二日間に渡り雅楽のコンサートが開催されます。もちろん、昨年とはまた異なった内容です。

お時間あいましたら、そちらにも是非お越しください。
よろしくお願いいたします。

伊東豊雄建築ミュージアム http://www.tima-imabari.jp


「Photo: Kai Nakamura」


2016年7月14日木曜日







来年4月に開校する那須中央中学校の校歌の作曲を担当しました。
歌詞は益子悠紀が担当しております。
校歌の作曲は初めてのことです(そしてきっと最後のことでしょう)し、またその重要性は重々承知の上で引き受けた仕事でしたので、出来上がったものが今のところかなり好評だと聞いて、心から安心しました。。
先日21日に開かれた校歌練習会ではじめて合唱を聞いたのですが、
作った自分の鳥肌が立つくらいそれは感動的な瞬間でした。
学生たちが学校を巣立ち、10年、20年経ったときに
ふと学校での生活や地元の大いなる自然を
連想するきっかけとなればいいなと思っています。
学校に納める音源の制作において
歌を 益子裕珠 さんに、
ピアノ演奏、楽譜校正は 岡野勇仁 さんに
吹奏楽版編曲は
伊藤寛武 さんに
練習会当日のピアノ伴奏は
瀬尾義典 先生に
大変お世話になりました。
ありがとうございました。
また、今回の作曲依頼をして下さった
大平博子さん、大平夏澄さん、鮎ケ瀬千咲さん、
ありがとうございました。
学生たちは4月の開校式典までにまだ練習を積むとのこと。
どんな風に歌われるのか今から大変楽しみにしています。
- - -
那須中央中学校校歌 作詞:益子悠紀
一、
旅路は今 拓きし大地に
東の光 描くしるべ
鎮める茶臼は 見守る御祖のように
いつまでもここにある
歩め 那須中央中学校
二、
この緑が 今日に萌えるから
息吹は心 洗うのだろう
古城の桜は つとめし祖の明日なり
幾度もめぐり来たれ
繋ごう 那須中央中学校
三、
生命は今 尊き日にある
滴る水は 余笹に弾み
やがての世界へ 景色を映し行こう
我が掌の熱を
放て 那須中央中学校
- - -



2016年4月4日月曜日





日本科学未来館・ドームシアターガイアの新作『9次元からきた男』の音楽を担当しました。
監督は『呪怨』で知られる清水崇さん、ビジュアルディレクターにはオムニバス・ジャパンの山本信一さん、声の出演に小山力也さん、などなど・・と錚々たる制作陣によって作られました。
私が担当した音楽では以下の方々に大変お世話になりました。
ヴァイオリン指導:演奏:河辺靖仁さん
ピアノ演奏:岡野勇仁さん
アレンジ協力:伊藤寛武さん
今年の4月20日からようやく一般公開が始まります。それ以降、数年間は放映され続けるはずですので、いつか機会があいましたら是非!
詳細には触れられませんが宇宙の始まりや最新のひも理論に基づいた内容となっており、どなたも楽しめるかと思います。
詳細は以下のリンクにて。
※事前に予約を入れないと、せっかく未来館に行っても入場できない可能性が高いそうです。お気をつけ下さい!
よろしくお願いいたします。

2016年3月28日月曜日

4月26日HAGISOにてコンサート『命・愛・風のいざない』を開催いたします。さとうじゅんこさん、岡野勇仁さんという素晴らしい演奏者によるプーランクやメシアン他フランスの近代歌曲などとともに、拙作を演奏して下さいます。

また、世田谷にあります就労継続支援B型事業所である「ハーモニー」にて出会った詩人、益山弘太郎さんとの共作の発表、益山さんご自身による朗読もございます。

歌とピアノと朗読。とてもシンプルな編成でのコンサートをHAGISOで楽しんでいただければ幸いです。また、これほどたくさん自作曲を演奏して頂く機会はなかなかありませんので、そういった点でもおいでいただければとてもうれしいです。

本コンサートでは写真家・齋藤陽道さんにご提供頂きました
写真の投影も合わせて行いたいと考えております。
コンサート自体は1時間強で終わる予定です。
平日の夜と都合がつきづらい時間帯ではありますが、何卒、よろしくお願いいたします。

- - -

『命・愛・風のいざない』

[日時] 
4月26日(火)19時開場 19時半開演
場所 
(東京都台東区谷中3-10-25 HAGISO)

[出演者]
さとうじゅんこ(歌)
岡野勇仁(ピアノ)
益山弘太郎(詩作と朗読)

[参加者]
齋藤陽道(写真提供)
益子悠紀(詩作)
東沙織(照明)
石田多朗(作曲)

[料金]
チケット代1500円+ドリンク代500円

[予約・連絡先] 
(※お名前、予約枚数、ご連絡先をお送りください。)
または こちらのFBページで参加をクリックして頂くのでも結構です!

- - -

■さとうじゅんこ



http://suara.jp/
秋田市生まれ。歌い手。東京藝術大学音楽学部声楽科ソプラノ専攻修了。卒業よりジャワガムランのプシンデン(女声歌手)として活動。滞空時間、菜の花楽団、うたをさがしてトリオ、可能姉妹、スミリールなどに歌い手として参加。グローバリズムの抱える問題に向き合いながら創造力豊かなアートネットワークへの貢献を志す

岡野勇仁



リサイタルのほか、南米音楽演奏、美術家や詩人、ダンサーとの共演、紙芝居、フリーインプロヴィゼーション、クラブミュージックやエレクトロニクス、アー トプロジェクト、日本やアジアの歌の演奏など類例をみない多彩な活動をおこなう。
NTT インターコミュニケーション・センター「ICC」での「岩井俊雄展」にて「光の出る」ピアノを演奏。徳島LED アートフェスティバルにエレクトロニクスで参加。声楽家松平敬との共催で東京都23区区歌全曲演奏会を開催。アルゼンチンタンゴの名曲を演奏する須川展 也、小松亮太、奥村愛の「ハッピータンゴ」に出演。「フォルマント兄弟」の作品「NEO 都都逸」「せんだいドドンパ節」をMIDIキーボード演奏にて「夢のワルツ」をMIDI アコーディオン演奏にて世界初演。フォルマント兄弟の合成音声歌唱作品をMIDIアコーディオンやMIDIキーボードで演奏している世界でも唯一の演奏 家。テクノ、ホーメイ、ジャンベとの共演含むオリジナル曲とバッハによる1st アルバム「カモシカの恋」が各界から好評を博す。深川芸術祭主宰。
東京音楽大学ピアノ科卒業。
尚美ミュージックカレッジ専門学校ピアノ学科講師。

益山弘太郎



益山弘太郎(ますやまこうたろう)
昭和34年静岡県伊東市出身
統合失調症を被病
平成20年より就労継続支援B型事業所ハーモニーへ通所

平成25年ハーモニーにて写真家齋藤陽道氏と邂逅
平成26年処女詩集「平和のハーモニー」を刊行
同年ハーモニーにてフリーランス作曲家石田多朗氏と邂逅
平成27年度より齋藤陽道氏の写真集「感動」をモチーフに詩作を開始
同年より石田氏と作詞作曲の企画をともにする。

2016年3月14日月曜日






Eテレのプチプチ・アニメ『ティーチ』
久方ぶりの新作が完成しました!
新作の放映は
3月23日朝8時50分〜と夕方15時40分〜
3月30日朝8時50分~と夕方15時40分~
となっております!
ご覧いただければ幸いです。
告知が遅くなってしまったのですが、
今月の水曜日は毎週ティーチの過去作を
放映しております。
そちらも是非。
詳細リンクはこちら。
プチプチ・アニメ
http://www9.nhk.or.jp/anime/petit/
監督である横田光隆さん(スタジオ フィンチ)のサイト
http://studio-finch.com
※画像は新作のものではなく、
 以前の作品「ボアのひみつのしま」のものです。